検索

ガチ読みしていいっすか?! 素敵な男子高校生たち

受験も頑張れ!!


2016年12月10日,11日 愛知県刈谷市 刈谷市総合文化センター アイリス

執筆担当者:大塚智子

先週は、愛知県刈谷市にて開催しました。刈谷市は、2011年以来の5年半ぶりです。とてもきれいな会館で、お借りしたギャラリーの向かいにある休憩スペースには、勉強している学生さんたちや、お子さま連れのご家族がたくさんいらっしゃいました。

しかし、なかなか絵本展には入ってきてくれないな〜と思っていた土曜日、学生服姿の男の子二人がやってきました。向かいの休憩スペースで勉強していた彼らは、「がいこくえほん展」の看板を見つけてのぞいてくれたのです。

「英語の本なら読めるかも」始めはそんな軽いかんじで、パラパラと絵本をめくっていたお二人ですが、私が何冊かの絵本を紹介すると「すげ〜」と楽しんでくれました。久々に高校生の男の子が来てくれて嬉しかったのですが、さらに嬉しいことに、二人は日曜日、友達をひき連れてまた来てくれたのです。

今度は「ガチ読みしていいっすか?!」と電子辞書を携えて。笑

そんな彼らに、今度は武田が絵本を紹介しました。土曜日私が読まなかった真剣なテーマの絵本を数冊、真剣に。まさにこちらも「ガチ読み」です。笑 武田の真剣な話、そして絵本の楽しさをまっすぐに感じとってくれた彼らは、なんと、その1時間後のブックトークの時間にもまた来てくれました。小さな幼児さんと一緒に絵本を楽しんでくれる彼らの姿はとても微笑ましかったです。 お聞きすると、彼らは愛知県内でもトップクラスの高校に通う受験生であり、目指している大学も優秀な難関国立大学(学部は理系)でした。でも、バリバリの運動部で、勉強ばかりの学生生活というわけではなかったようです。


本離れ、世の中離れ、と言われてしまいがちな、現代っ子たちですが、しっかり好奇心を持って世の中を見ている子たちは、たくさんたくさんいるんだと思います。そして、きっとそういう子は賢く育つのだということを、今回は高校生の男の子が教えてくれました。 彼らがいつかお父さんになるとき、この絵本展のことを、ほんの少し思い出してくれると嬉しいです。


受験、がんばれ!!!


次回は、埼玉県本庄市です。

3回の閲覧

© 2020 by Gaikokuehon project with DOUKEISHA

ブックトークで楽しく絵本をご紹介!!

がいこくえほん展

  • Facebookの社会的なアイコン